はらぺこ夫婦の部屋

仏語講座、終了。

「そんなにすんなりと春はやって来ないよな...」と、予想はしていたのですが
土曜日から再び冷え込んでいます。朝晩は氷点下!
昼間は陽がさして気温も5~7℃くらいまでは上がるのですが
いかにも“放射冷却”な夕方の空模様を見ると、翌朝が怖い....。

さてさて、
妻が参加していたフランス語講座についてですが、
先週、必要な時間数の受講が終了し、試験も受けてきました。

 + + +

講習を受けていたところは語学学校ではなく、様々なformation(職業に就くための講習、
資格取得講座、研修など)を開催しているところで、
家からは電車に乗って合計で片道40分ほどの県庁所在地近くでした。

授業に参加してすぐには事情がわからなかったのですが
同じ教室でフランス語の授業を受けている大半のクラスメイトは
「26歳までで、フランスでの高校以上の教育を終了していない人向けのプログラム(?)」
に参加している人達でした。

家族と一緒にフランスに来た人、結婚してフランスに来た人、など事情は様々ですが
フランス語の講座、職業研修、世の中の仕組みについての講習...などを受講して
国家資格取得のための学校へ入ることや、職業に就くことなどが最終目的なのだそうです。

なので、、、
フランス語のレベルもばらばらなら、やる気もそれぞれ。
(régionから補助金が出ているらしく、それだけが目的の人も、)
しかも、授業の度に参加するメンバーが異なるので
先生は本当に本当に大変そうでした。

全くのゼロからの講習だと、きっと退屈だろうな。と、参加する前は思っていたのですが
↑前述のように、様々なレベルの受講者がごちゃまぜだったので
流暢にフランス語を話す人たちも居て、
「会話」が特に苦手な妻には結果的に悪くない環境でした。

普通の語学学校のように、順序立てて勉強していくスタイルではありませんでしたが
実際の暮らしに即したことをいろいろと教えてもらうことができて
週に3日、1日あたり6.5時間という長時間でもあまり退屈せずに受講できました。

以前にパリの語学学校に数か月通いましたが、
“世界中から様々な国籍の人が集まるパリの学校で教えてもらえるフランス”
とはまた違った、リアルな実際のフランス。に少しだけ触れたような気がしています。

パリの学校にはほとんど居なかったアフリカ系の人たちと
いろいろ話して、国のことなど教えてもらえたのもよかったです。

同センター初の日本人参加者。
さらに同時期に東アジアからの受講者はゼロ。という環境でした。
「食べるときはお箸使うの?」とか「日本ってどこ?」「中国語話すの?」とか
いろいろな質問を率直にぶつけてきてくれる若いクラスメイト達。
私の発音の悪い言葉にも辛抱強く耳を傾けてくれて
休憩時間なども楽しくすごすことができました。


 + + +

さあ、これからはどうしましょうか...?

せっかく働くことのできるビザで滞在しているのだから
社会を知るためにもどこかで働いてみたい。とも、思っています。

ヴァカンスが終わってお仕事を再開した夫に迷惑をかけない範囲で
出来ることにはどんどん挑戦していきたいです。
[PR]



by NCshimo555 | 2010-03-08 19:24 | 日々の雑記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

はらぺこ夫婦の部屋?

◆Parisから南へ約50Kmの町での日々を綴った日記です。(詳しくは“プロフィール”をご覧ください。)

◆お気軽にコメントお寄せください。(コメントは承認制です。書き込みからUPまでに時間がかかることがありますのでご了承ください。なお、管理人の判断で内容の如何に関わらず削除することがあります。)
Weather Underground PWS IESSONNE4



◆フランスの情報
tricolor paris
french code
HAYAKOO
Aaaaatchoum
Table à découvert
Simon~Says !
Chocolate&Zucchini
C'est moi qui l'ai fait!

+ + お気に入りサイト + +

ブザンソン便り
くろねこのいちご
えくぼ王子とまんまる王子
来佐手帖
喫茶ジジ
Chez Bonnet

今何時?

ファン

ブログジャンル

画像一覧