はらぺこ夫婦の部屋

妊娠中の「食べちゃダメ」

f0139994_17483524.jpg
夫のお土産:シブレット(細ネギ)の花、キャロットソバージュ&バラ
奥は、Nさんに送っていただいた「パリのすみっこ」。ありがとうございます!

さて、フランスでの妊娠中の食生活についてですが、
日本ではさほど言われないと思うのですが
こちらでは「ダメ」と、いわれるものがいろいろとあります。
(PMIでの妊婦向けアトリエで配られた資料、受けた説明を元に書いてみますね)

(1)トキソプラズマ/toxoplasmose
妊娠していることがわかると、まず血液検査ですでに免疫があるかどうかを調べます。
陰性の場合(妻は陰性)、毎月血液検査しなくてはなりません。
すでに陽性の人は問題ないけれど、陰性の人が妊娠中に陽性になると
胎児に影響が出ると言われているそうで、この検査についてはかなり重要視されています。

トキソプラズマは土の中に居る寄生虫なので、
 -生肉、よく火を通していない肉類(特に羊が良くないと助産師さんから聞きました)は×
 -火を通していない肉類の燻製、マリネ(特にジビエ)は×
 -野菜や果物、ハーブ類はよく洗って食べること。特に地中のものには気を付ける。
 (カブやニンジンをサラダで食べる場合はしっかりと皮を剥くように言われました)
 どのように洗っているかわからないので、外食では生野菜は避ける

(2)リステリア/listériose
バクテリアの一種で、感染すると高い熱が出て胎児にも影響が出る可能性が。

リステリア症にかからないために、以下の食品は避けるように言われます
 -白カビタイプ、ウォッシュタイプのチーズ、特にlait cru(非殺菌生乳)を使ったチーズ
 -les fromages râpés industriels パックで販売されている既におろされたチーズ
 -シャルキュトリー(豚肉加工品:ハム、ベーコンなど)製品の多く、
  特にリエット、パテ、ゼリー寄せなど
 -生肉、よく火を通していない肉類
 -生の貝類、生魚(寿司、刺し身など)
 -魚の燻製(スモークサーモンなど)

これらをまとめて「妊婦が食べてはいけないものはクリスマスのご馳走」なんていう
言い方をすることもあるそうです。

え~っ?と、思ったのはこちらでsurimi(スリミ)と呼ばれるカニ風味かまぼこも
生の魚類に入るので、食べたらいけないと説明を受けたこと。

逆に安心したのは、イチゴは土に触れるから避けたほうがいいのか?という質問に対して
助産師さんが「自宅でしっかりと水洗いして食べる分には問題無い。」と、返答していたこと。
この季節においしいイチゴ、家でしっかり洗って(本来は風味が落ちるので布巾で拭くだけに
したいのですが、)食べています。

飲食店の少ない郊外に住んでいるので、普段はあまり外食をすることもない私達ですが、以上のように「ダメ」なものリストがかなりあるので、たまの外食の際にも選ぶことができるメニューがかなり限定されてしまって、ちょっと悲しい...

安心して心置きなく楽しめるようになるまでもう数か月。
食べられるようになったら、とりあえず美味しいお刺身が食べたいかなぁ...。
[PR]



by NCshimo555 | 2011-05-13 18:33 | 妊娠・出産・子育て
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

はらぺこ夫婦の部屋?

◆Parisから南へ約50Kmの町での日々を綴った日記です。(詳しくは“プロフィール”をご覧ください。)

◆お気軽にコメントお寄せください。(コメントは承認制です。書き込みからUPまでに時間がかかることがありますのでご了承ください。なお、管理人の判断で内容の如何に関わらず削除することがあります。)
Weather Underground PWS IESSONNE4



◆フランスの情報
tricolor paris
french code
HAYAKOO
Aaaaatchoum
Table à découvert
Simon~Says !
Chocolate&Zucchini
C'est moi qui l'ai fait!

+ + お気に入りサイト + +

ブザンソン便り
くろねこのいちご
えくぼ王子とまんまる王子
来佐手帖
喫茶ジジ
Chez Bonnet

今何時?

ファン

ブログジャンル

画像一覧