はらぺこ夫婦の部屋

カテゴリ:はらぺこ( 96 )




Beignets aux fleurs d'acacia  アカシアの花のベニエ

f0139994_17415335.jpg
今年は本当に木々の花が開く時期が早くて
既にもうほとんど花も散ってしまったのですが...
“アカシア(正確にはニセアカシア)の花のベニエ”です。

夫が職場でたくさん作った一部を、お土産に持って帰ってきてくれました。

ちょうど、少し前のこちら↓
ほぼ日刊イトイ新聞・イタリアンマンマの直伝レシピ
でも、取り上げられていました。

随分前に2人で行った浅草の天ぷら屋さんで
「めずらしいものをどうぞ...」と、アカシアの花の天ぷらを頂いたことがあるのですが
夫はそのことはすっかり忘れている様子、。

この写真のベニエは、天ぷらとは違ってお砂糖入りの甘いタイプ。
粉糖をかけてもいいらしいのですが、今回はアカシアのハチミツと一緒にいただきました。
アカシアの花の香りが倍増、存分に季節の香りを楽しむことができました。

それにしても今年に入ってからのお天気...
“sécheresse /乾燥・日照り”が、続いていることは前の日記にも書きましたが
かなりひどい状態で、この先数か月も続くことが予想されているのだとか。

・麦をはじめとする穀類は、丈が伸びないまま穂をつけはじめている
・イチゴは例年よりも3週間程早く収穫の盛りを迎えてしまい、値段が割れている
・牧草が育たず、家畜(牛・羊など)のエサに、5月にして既に乾燥させた牧草、穀類などを
 補助として与えなくてはいけない
・一部地域では池や沼が干上がり、魚が死ぬ例も出ている

などなど...。
毎日ニュースで深刻な状況が伝えられています。

さらに、ボルドーや南仏ではgrêle(グレル)といわれるヒョウの影響で
ワイン用のブドウ、アプリコット、桃などに被害が出て、今年の収穫は絶望的だとのこと...

1900年(観測史上?)以降、1976年以来の乾燥状態らしいのですが
この夏はどうなってしまうのか、心配です。

1976年というと妻の生まれ年。
たしかソーテルヌ以外のワインはすべてダメな年だったと思うのですが
今年のような異常なお天気が原因だったのでしょうか...?
[PR]



by NCshimo555 | 2011-05-11 18:02 | はらぺこ

バラ寿司 しめ鯖のせ

f0139994_16215934.jpg
3月3日ひな祭りの夕飯はバラ寿司にしました。

前日に作った煮しめ(お土産に頂いた福岡の干しシイタケ・ニンジン・高野豆腐・昆布)の
具を刻んで寿司飯に混ぜたバラ寿司に、しめ鯖を乗せてチラシ寿司のようにして頂きました。

今週は、最低気温-1℃、最高気温8~10℃くらいの日が続いていて
これは平年より少し低い気温のようです。
さらに冷たい強い風が吹くので、体感気温はぐっと下がると思います。

でも、毎日太陽が出ているし、日照時間がどんどん延びているので
少しずつ春が近づいていることが感じられて、気分はなんとなくのびのび。

厚着しなくても出かけられる本格的な春が待ち遠しいです。
[PR]



by NCshimo555 | 2011-03-04 16:32 | はらぺこ

アズキ(小豆)のお話し ~Haricot azuki~

f0139994_18401049.jpg
(※mixi上でマイミクさんと少し盛り上がった話題です)

先日、久しぶりに妻が「あんこ」を炊きました。

我が家ではBIOスーパーで手に入る小豆(Haricot azuki・中国産)を使っています。
数か月置きに「あんこ」食べたい症を発症するので、炊いているのですが、
毎回、しっかり煮てもゴリっと硬い食感が残ってしまい、
やわらかくなるまでにかなりの時間がかかります。
「2晩水に浸す・2回煮こぼす・たっぷりのお水で2時間弱」と、
やわらかくするために工夫をしてみるのですが、それでもまだ硬いのです...

日本では、妻父の故郷(丹波地方)産の美味しい小豆が手に入っていたので、
「1晩水に浸す・2回煮こぼす・たっぷりのお水で1時間と少し」と、いう
方法で、ふっくらと美味しい「あんこ」を炊くことができていました。

あ、ちなみに、我が家には圧力鍋はないので、上記いずれもル・クルーゼ使用です。

重曹を加えるにしても、こちらのお水との兼ね合いでどのぐらい加えたらいいのか??
と、考えていたところ、ちょうど、テレビの番組でシェフThierry MARX氏が
「野菜を短時間で柔らかく煮るのに、重曹を加える代わりにガス水を使うといい」
と、紹介しているのを見ました。

そうそう、これに「ピン!」と、きたのです。

Thierry MARX氏の代名詞のように言われることもある「cuisine moléculaire(分子料理)」
には、全くもって、さっぱり食指の動かない妻ですが
ガス水で柔らかく煮る”には、なるほどー!と、大納得してしまいました。

Thierry MARX、ちょっと強面(?)の外観と違ってとても繊細そうで、
テレビ番組で、ひとつひとつ言葉を丁寧に選んで質問に答えているところなど、
とても好感が持てるので嫌いじゃないのです。画面を通しての感想ですけどね。


次に「あんこ」を炊くときや、豆を煮るときにはガス水を使ってみようと思います。


※こちらで「あんこ」を炊く際に使うお砂糖のこと
 “サトウキビ”グループを使う場合は「グラニュー糖+カッソナード」
 “サトウダイコン”グループを使う場合は「精製甜菜糖+ヴェルジョワーズ※」
 (※ヴェルジョワーズ:甜菜を原料にした褐色の砂糖。結晶化させた砂糖を採った後に残る
  シロップを煮て再結晶化させたもの。結晶化防止剤やキャラメルなどが添加されている)

 と、使い分けています。
 寒さ厳しいこの季節は後者のサトウダイコン組です。

※日本で乾燥豆を扱うときと大きく違うと思われるいくつかのこと
 ・空気がかなり乾燥しているので、保存中にかなり乾燥が進んでいる
 ・水が硬い(浄水器を通さない水を沸かすとカルキ分が膜になって浮くくらい)

[PR]



by NCshimo555 | 2011-02-03 19:16 | はらぺこ

ガレット・デ・ロワ2011 - la galette des Rois -

ガレット・デ・ロワについて以前の記事はこちら ⇒  

去年あたりから、我が家では自家製ガレットが主流になっているのですが
今年のガレットはこんな感じに焼きあがりました。 
f0139994_595688.jpg


f0139994_5102058.jpg


f0139994_5122840.jpg

みなさんお察しの通り、こんなにキレイな仕上がりになるのは
夫の手によるものだからです。
(妻が作るものは、よくいえば"ざっくり素朴"といった感じ?まぁつまりは"雑"なのです...)

妻の希望でシンプルに焼き上げてもらいました。
クレーム・ダマンドにはバニラなど使用せずシンプルに。
フィユタージュにはエシレバター使用。
粉はTYPE65とTYPE45を混ぜて。
(最近増えてるお菓子屋さんのアンヴェルセって、
 機械のローラーなくても出来るものなんでしょうかねぇ...?)

サクサクと香ばしくバターの香りが活きた、とても美味しいガレットで大満足です。
[PR]



by NCshimo555 | 2011-01-10 05:30 | はらぺこ

Mérévilleのクレソン Cresson de fontaine Biologique Méréville

週末(16~17日)は我が県内各地で
Balade du Terroir ・ JOURNEES PORTES OUVERTES
が、開かれていました。
f0139994_18454298.jpg
この2日間に“県内の生産者を直接訪問して見学できる”というイベントで
養蜂所、牧場(チーズ生産者、家禽生産者など)、農園、などなど...
さまざまな地元の生産者の元を無料で見学できるのです。

私たちは、地元からは少し遠いのですが、Juine川の上流、水がいいと言われている
MérévilleでCresson de fontaine(湧水で生産されるクレソン)を生産している
Serge BARBERONさんのCressonnière(クレソニエ:クレソン農園のこと)を
見学してきました。数年前からBIO(無農薬)で生産されているそうです。

f0139994_18153717.jpg
クレソンはこんな感じで栽培されています。
9月~5月までが生産期間。6月に種まき。
収穫は上部をカットします。4週間ほどたつとまたしっかり葉が生えるのだそうです。

雪が降ったり道路が凍結するような寒さが続くと、葉が凍って痛みやすくなるので
一番冷え込む12~2月以外、9~11月と3月頃が美味しい季節だそうです。

f0139994_18151271.jpg
いろいろな質問にも細かく答えるSergeさん。たくさん説明してもらったのですが、
我々の語学力では詳細がわからない部分もありました、。

f0139994_18155845.jpg
私たちが住むエリアにもCresson de fontaineのCressonnièreはあるのですが
(Essonne川に注ぎ込む湧水が多いエリアにCressonnièreがあります)
生産者さんから直接いろいろな話を聞く機会は今までなかったので勉強になりました。

その場で購入したクレソンは「スープにしても美味しいよ」と簡単なルセットも
教えてもらってきたのですが、せっかくのBIOの旬のクレソンなので
今晩にでもサラダでいただく予定です。
[PR]



by NCshimo555 | 2010-10-18 18:39 | はらぺこ

キノコ

f0139994_15132230.jpg
春先の雨と8月の曇天&雨のおかげ(?)で、今年はキノコが大豊作。
特にセップ(ポルチーニ茸)は、あちこちでにょきにょき生えているようです。
我が家でも夫が採ってきたキノコ類を美味しくいただいています。

先日、マルシェで八百屋さんに「いいセップが入っているよ!」と、すすめられたのですが
「自分達で採ったのがあるから...」と、その日はお断り。
八百屋さんは「今年はみんなそう言って、売れない...」と、つぶやいていました。

ちなみに、フランスでは採ってきたキノコを薬局へ持ち込むと
食べられるものとそうでないものを薬剤師さんが選別してくれるのだそうです。

いまのところ夫は地元の詳しい方と採りにいっているのですが
自分たちだけでキノコ採りに行く場合には薬局に持ち込んだほうがよさそうですね。
[PR]



by NCshimo555 | 2010-10-03 15:25 | はらぺこ

ミラベルとプラムのジャム

f0139994_1655125.jpg
この夏の最初の妻ジャムはミラベルとプラム(品種がよくわからない)のジャム。

たわわに実った果実の自重で枝が折れるほどだというミラベルと
小さくて皮がブドウのように赤紫色のプラムを
夫の職場からおすそ分けでいただきました。
それぞれ別にすると量が少ないので、一緒に煮込んでしまいました。

甘酸っぱく香りもいいジャムができたので満足しています。

去年の夏に作った桃のジャムにまた挑戦したいのですが
今年は果物の出来があまりよくないようで、値段も去年より高いし、
質も水っぽかったり香りが少ないものが多いのでジャム作りには至っていません。
(桃やアプリコットは、去年が豊作で価格割れが起こったので
 今年は生産調整が行われている。というようなこともニュースで伝えていたような...。)

これからいろいろなプラムの種類が旬になるので、楽しみにしています。
[PR]



by NCshimo555 | 2010-08-02 17:05 | はらぺこ

サクランボウの実る頃

f0139994_15523211.jpg
夫の職場の敷地内で熟し始めたサクランボウ。
先日は10kgほど収穫したそうです。
家にも少しお土産で持って帰ってきてくれました。
甘酸っぱくておいしかったです。

夏の終わりにはミラベル、秋にはカリン(もしくはマルメロ)が鈴なりに生るのだそうで
妻はおこぼれを楽しみにしているのであります。

f0139994_15565355.jpg
カナブン、花粉に夢中。
小さい頃に持っていた熊田 千佳慕さん作画の「おやゆびひめ」を、思い出しました。

ネット上でみつけた画像をお借りして(スミマセン、)...
f0139994_16114846.jpg
f0139994_1612839.jpg
復刻版も少し出ていたようですね。
どこかでみつけたらぜひ手元に置いておきたいな。
[PR]



by NCshimo555 | 2010-06-09 16:13 | はらぺこ

初夏の旬

昨日、近くのスーパーに買い物に行くと
フランス産のプチ・ポワ(エンドウ豆)、空豆、それにアプリコットも出ていて
それぞれ少しずつ買って来ました。

春の旬のものをさほど満喫しないまま、初夏の旬のものが登場しちゃった感じです。

ホワイトアスパラや普通の緑のアスパラはたくさん食べたのですが
天候が悪い日が続いたからか、今年はアスペルジュ・ソバージュは
手に入りにくいらしく(夫曰く、注文してもあまり無いそうです)
我が家の食卓には今のところ登場していません。
去年は5月中旬には手に入っていたのですけれど。

レ島やノワール・ムチェ島の新じゃがも、見つけるたびに買ってはいますが
嵐で洪水が起きた影響なのでしょうか?例年よりも数が少ないように感じています。

とりあえず、プチ・ポワは豆ご飯にしましょうか?
[PR]



by NCshimo555 | 2010-06-04 17:27 | はらぺこ

今週の晩ごはん

夫が少し前に転職し、今は新しい職場でオープンへ向けた準備をしています。

今週はずっと夜のお仕事がありませんでした。
なので、珍しく2人で毎日晩ごはん。
あ、そういえば1日だけ夫の同僚君も食べに来ました。

5月1日(土)
イワシのしょうが煮、千切りニンジンの塩もみ、マッシュルームと新小玉ねぎのみそ汁、グリーンサラダ、ご飯、チャンジャ
5月2日(日)
卵とじうどん、イワシのしょうが煮の残り、ヨーグルト
5月3日(月)
鶏もも肉ソテー、ロケット、野菜スープ(ニンジン、コーン、玉ねぎ、ジャガイモ、サヤインゲン)、パン、ヨーグルト
5月4日(火)
Colin(白身の魚)のムニエル、ロケット、ヒジキのサラダ、サツマイモのきんぴら、野菜スープの残り
5月5日(水)
ドライカレー(レンズ豆、牛ひき肉、ニンジン、玉ねぎ、レーズン)、パン・カンパーニュ、チーズ(abondance/lait cru)、カリフラワーの温かいサラダ(kunelの伝言レシピから)、サツマイモとリンゴのソテー(同じくKunel)、アスパラの揚げ浸し
5月6日(木)
天ぷら(アスパラ、ニンジン、新小玉ねぎ、クレソン)、クレソンのっけ蕎麦
5月7日(金)
ラット(小さくてねっとりした新じゃが)と鶏肉の煮物ちょっと黒酢風味、ヒジキときゅうりのサラダ、千切りニンジンの塩もみ、茹で麦(ebly)、グリーンアスパラのソテー、チャンジャ、食後にチョコレート少し

妻は夕食時のご飯を少し減らしてみることにしました。
いつもご飯をおかわりして、お腹がはちきれそうになるまで食べてしまうので...。
上には書いていませんが、夫は大抵、きちんとご飯1膳食べています。

今週はちょっとお味噌汁が少なかったかな?
お豆腐とか大豆製品をもうちょっと食べたいなぁ。
[PR]



by NCshimo555 | 2010-05-08 06:38 | はらぺこ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

はらぺこ夫婦の部屋?

◆Parisから南へ約50Kmの町での日々を綴った日記です。(詳しくは“プロフィール”をご覧ください。)

◆お気軽にコメントお寄せください。(コメントは承認制です。書き込みからUPまでに時間がかかることがありますのでご了承ください。なお、管理人の判断で内容の如何に関わらず削除することがあります。)
Weather Underground PWS IESSONNE4



◆フランスの情報
tricolor paris
french code
HAYAKOO
Aaaaatchoum
Table à découvert
Simon~Says !
Chocolate&Zucchini
C'est moi qui l'ai fait!

+ + お気に入りサイト + +

ブザンソン便り
くろねこのいちご
えくぼ王子とまんまる王子
来佐手帖
喫茶ジジ
Chez Bonnet

今何時?

ファン

ブログジャンル

画像一覧