はらぺこ夫婦の部屋

<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧




東京へ

f0139994_194825100.jpg
10月29日(木) 妻はVISAの手続きのため、東京へ。
大阪へ帰る前に上野動物園に行って来ました。

動かない鳥、ハシビロコウ。
こうみえてめっちゃ臆病。
[PR]



by NCshimo555 | 2009-10-30 19:50 | 旅行・おでかけ

N'oubliez pas l’heure d’hiver !

f0139994_14512528.jpg
 (写真:Le Parisienから拝借しました..スミマセヌ) 

フランスはサマータイムが終わり、今日から冬時間(標準時)です。

日-仏間で電話するときは気をつけなくてはいけません。
(1時間早く夫を起こしてしまわないように...)
[PR]



by NCshimo555 | 2009-10-25 14:55 | 日々の雑記

ノルマンディー地方の旅(8) カマンベール(Camembert)

ノルマンディー地方の旅3日目、最終日。
f0139994_17513811.jpg

有名な白かびチーズ、カマンベールが産まれた
『カマンベール(Camembert)』村へ立ち寄りました。

世界的に有名なチーズの産地、小さな小さな集落でした。
f0139994_1751971.jpg

村人を発見できません、。出会うのは牛ばかり...。
f0139994_1751224.jpg

この村にある乳製品の大手メーカー「PRESIDENT」の施設はシーズンオフで閉まっており、
観光案内所でもらったパンフレットを見て訪問した
個人のチーズ農家さんのところも閉まっていました...。残念。
f0139994_1832328.jpg
中には入れなかったのですが、見えるところから写真撮らせてもらいました。

f0139994_1834564.jpg


ノルマンディーの風景、ずーっとどこまでも広がる牧草地と
人よりたくさん居る(と、いう印象の)牛、牛、また牛...。
f0139994_17505498.jpg

チーズの産地を後にした私達は、また地図上の町を辿りながら
ゆっくりと帰路についたのです。

「淡い色の北の海」と「なだらかに続く牧草地」。
ノルマンディー地方の空気をのんびりと満喫できた3日間でした。

3日間の走行距離は約800キロ。

また、少し時間ができたときにはぜひノルマンディーへ行って、
もっともっと、じっくりゆっくりいろいろなところを見てみたいです。

f0139994_184579.jpg
旅の思い出、牛さんと記念撮影!
[PR]



by NCshimo555 | 2009-10-22 18:07 | 旅行・おでかけ

ノルマンディー地方の旅(7) リヴァロ(Livarot)その2

ノルマンディー地方にあるチーズメーカー「E.GRAINDORGE」の
工場見学、続いては...

水切りした赤ちゃんチーズを塩水で洗います。
f0139994_1935665.jpg

発酵させるための部屋へ運び入れているところ。
f0139994_19351664.jpg

奥のチーズはだいぶ発酵が進んでいるようです。
f0139994_19352664.jpg

白カビがほわほわ、タンパク質をおいしく分解中。
f0139994_19353974.jpg

リヴァロの周囲にワラを巻き付ける工程は手作業。
f0139994_19355052.jpg

出荷前の最終段階まできました。
f0139994_1936222.jpg

このあと、出来上がったチーズ達は包装され、
(薄い紙で包まれて、木の箱に入れられる)
出荷されていくのです。いってらっしゃーい!

館内では、様々なチーズの古いラベルも展示されていました。
f0139994_19361696.jpg
これがとてもかわいかったです。

見学の後は試食。
頃合に熟成したチーズを何種類か試食させてもらって
気に入ったチーズを購入しました。

この工場がある土地のチーズ、リヴァロも気に入ったのですが、
lait cru(無殺菌生乳)を使ったポン・レベック(Ponts l’Eveque)が
しっかり味で風味がよく、特に美味しいように感じました。
(香りもなかなかのもので、帰りの車内が楽しい感じになりましたけど!)

「E.GRAINDORGE」社の工場見学の様子は
こちら⇒http://www.graindorge.fr/film.htmのページで
動画で見ることができます。(注:音が出ます!)

チーズの製造方法や原料のミルクについて
わかりやすく説明されているのでおすすめですよ。
近くに行かれる方はぜひ、時間を割いて訪れてみてはいかがでしょうか?

次回はいよいよノルマンディーの旅、最終回です。

つづきます...。
[PR]



by NCshimo555 | 2009-10-20 19:40 | 旅行・おでかけ

ノルマンディー地方の旅(6) リヴァロ(Livarot)

さてさて、ブーヴロン・オンノージュを後にした私たちは
一旦、リジュー(Lisieux)の観光案内所まで向かい、
もらったパンフレットを元にチーズの産地、『リヴァロ(Livarot)』を目指すことにしました。

たどり着いたのは、「E.GRAINDORGE」という
リヴァロなどのチーズを生産しているメーカーの工場。
f0139994_112650100.jpg

丁度、ドイツからの団体さんのツアーが終わったところだったようで
少し待ってから他の3組ほどのお客さんと一緒に仏語のツアーに参加しました。

まずはチーズの原料となるミルクの生産者さんのビデオを見ます。
f0139994_1127124.jpg

実際の製造工程をガラス越しに見学できます。
ラボで検査しているところも。
f0139994_11271111.jpg

温めたミルクに凝固剤(たしか酵素...)を加える工程。
f0139994_11272292.jpg

固まってきたカードを細かく切って、水分を取り除く。
f0139994_11273165.jpg

すくいあげたカードを型にいれてならしています。
f0139994_11274392.jpg

型に入ったカードは水切りしながら次の工程へ。
f0139994_11275335.jpg

製造工程の見学の合間には、チーズに関するさまざまな資料を集めた
資料館のような部屋を見学します。
f0139994_1128277.jpg

牛のご飯一覧。おいしい牧草→おいしいミルク→おいしいチーズ。
f0139994_11281340.jpg

昔のカードをいれる型。すくうためのお玉のようなものも。
f0139994_11282376.jpg

さて、製造工程ですが、こちらは水切り中の赤ちゃんチーズ。
24℃で48時間かけてチーズ内の水分を切っていきます。
f0139994_11283661.jpg


工場見学の途中ですが...長くなるので
後半は次の記事で。

つづきます!

※はじめは、リジュー(Lisieux)より北にある、
 ポン・レベック(Pont l’Eveque:同名のチーズがある)へ行くか、
 南下してリヴァロへ行くか迷ったのですが、リヴァロで正解でした。
 実は、このリヴァロの工場で、ポン・レベックも生産されていました。

[PR]



by NCshimo555 | 2009-10-19 11:33 | 旅行・おでかけ

ノルマンディー地方の旅(5) ブーヴロン・オンノージュ(Beuvron En Auge)

3日目の朝、カン(Caen)のホテルで朝食をとり、まずは
『ブーヴロン・オンノージュ(Beuvron En Auge)』へ行ってみることにしました。
ガイドブックによると「フランスの最も美しい村」の一つに選ばれた村だとか。

村の入り口に立つ看板。
f0139994_16262286.jpg

茅葺き木造のお家が見えます。結構大きいようです。
f0139994_1626324.jpg

庭先にあるのはシードルの搾り器でしょうか?
f0139994_16264260.jpg

村の中心地。地域のお菓子などを扱うお店や雑貨屋さんが並んでいました。
f0139994_16265252.jpg

ここまで来て、その先の風景にびっくり!
ちょうど、ツアーのバスが到着したところだったようで
デジカメを構えた日本人でいっぱいでした。
ちょっと異空間、テーマパークのような雰囲気でした(笑)
もちろん、私たちもその中に含まれているのですけど。

たまたま話しかけてこられたツアーのガイドさんのお話によると
週に3回、この村に立ち寄る日本人向けのツアーがあるのだそうです。

村の中にシードルの直売所もいくつかありました。
f0139994_1627295.jpg


この村は「シードル街道」と呼ばれる、
シードルの醸造所が集まった街道沿いにあります。
f0139994_16271131.jpg


標識にも「シードル街道」の表記が。
f0139994_16272243.jpg

パン屋さんやお土産物屋さんもあったのですが、ちょっと観光用の価格に
なっているように感じたので(きちんと価格を比べたわけではありませんが)
特に買い物はせず、元散髪屋さんの小さなカフェでお茶だけして発ちました。

旅の最終日のこの日は、特に目的地を限定せず、
 "車のナビで地図上の町や村の観光案内所を目的地に設定し、
  観光案内所で気になるところを見つけたら行ってみる。"
と、いう、なんとも適当というか、マイペースな動き方になりました。

つづきます...。
[PR]



by NCshimo555 | 2009-10-16 16:32 | 旅行・おでかけ

ノルマンディー地方の旅(4) トゥルーヴィル(Trouville Sur Mer)~ドーヴィル(Deauville)

サヴィニャックさんの作品に会うことを楽しみに
トゥルーヴィルの町をうろうろと歩いてみました。

あ、発見!
f0139994_18395037.jpg

ここにもありました。
f0139994_184055.jpg

大通り沿いの建物の間から見上げると...
f0139994_18401545.jpg

これはポスターの依頼主のお店に
サヴィニャックさんの没後に掲げられたのだと思われます。
f0139994_18402878.jpg

ここは宝飾店かな?
f0139994_18403928.jpg

こちらはサヴィニャックさんの作品が並んだ遊歩道。
f0139994_18404937.jpg

曇り空で明るさが足りないのがちょっと残念ですね。

お隣のドーヴィルと並んで、トゥルーヴィルも高級リゾート地。
(ドーヴィルよりもトゥルーヴィルのほうが馴染みやすい印象)
デュラスが過ごしたホテルなどもここにあります。
f0139994_1841251.jpg
そ、空が...。

砂浜に降りてみたのは、どんどん潮が引いている時間帯で
浜辺は打ち上げられた貝殻でいっぱいでした。
f0139994_18411515.jpg

町中には、まだまだたくさんのサヴィニヤックさんの壁画や
ゆかりのお店があるらしいのですが、下調べが足りなかったこともあり
「残りは次回のお楽しみ。」と、いうことにして
雨が降り出した浜辺を後にしました。

その後、隣町のドーヴィル(Deauville)へも立ち寄ったのですが
いかにも”高級リゾート地”な雰囲気に気圧されてしまい
少し浜辺へ出ただけで、そそくさと次の町へと移動。
f0139994_18412879.jpg


2日目はここまで。この日の宿はカン(Caen)でとりました。
最終日へつづきます...。
[PR]



by NCshimo555 | 2009-10-15 18:51 | 旅行・おでかけ

ノルマンディー地方の旅(3) オンフルール(Honfleur)~トゥルーヴィル(Trouville Sur Mer)

ノルマンディー地方の旅、2日目。
まずはオンフルールの町をゆっくりと散策。

木造のサンカトリーヌ教会の中。
船大工さんが作った、船底のような木造の天井。
f0139994_12535819.jpg
教会の朝日が差し込んで、ほんわりと温かい雰囲気でした。

続いて旧港辺りのカフェで朝ごはんを食べました。
f0139994_12541570.jpg
どこのお店も似たような朝食メニューを出していましたが
見るからに美味しくなさそう(つまり、美味しくない)パンで
やっぱりという感じの観光地価格、。

f0139994_1254329.jpg
ぼーっと朝ごはんを食べている間も
お天気は晴れたり曇ったりの繰り返し。

f0139994_12545226.jpg


続いて向かったのはトゥルーヴィル(Trouville)
妻が大好きなポスター作家レイモン・サヴィニャックさんが暮らした町です。
(参照⇒*ほぼ日の特集ページ:「ポスター描きのサヴィニャックさん」

町の地図をもらおうと立ち寄った観光案内所。
f0139994_1255114.jpg

館内のギャラリーで、サヴィニャックさんのたくさんのポスターを見ることができました!
f0139994_12552969.jpg

2階ではサヴィニャックさんのドキュメンタリー映画を放映中。
f0139994_12554532.jpg

トゥルーヴィルのロゴもサヴィニャックさん作。
f0139994_1256574.jpg
このロゴは旗になっていて、町中で見ることができます。

この後、お昼ご飯を食べてから(ご飯の写真、取り忘れました、)
トゥルーヴィルの町と浜辺を散策しました。
大好きなサヴィニャックさんの作品に出会えることを期待して...ぶらりぶらりと。

つづきます...。
[PR]



by NCshimo555 | 2009-10-14 13:05 | 旅行・おでかけ

ノルマンディー地方の旅(2) ル・アーブル(Le Havre)~オンフルール(Honfleur)

エトルタを後にして、次に向かったのはル・アーブルです。

ル・アーブルは、大戦中に連合軍のノルマンディー上陸で焼失し、
戦後に鉄筋コンクリートの建造物で再建された港町。
"2005年、戦後再建された中心部の街並みが「オーギュスト・ペレによって
 再建された都市ル・アーヴル」として世界文化遺産に登録された"
ということだそうです。(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


観光案内所でもらった地図を見ながら町中を少し散策したり
市街地のぐるりを車で周ったりした後に、
中心にあるサン=ジョゼフ教会を見学しました。
f0139994_18321382.jpg
鉄筋コンクリートの建物で、八角形の塔が特徴。

中に入ると色とりどりのステンドグラスから光が差し込んでいました。
f0139994_18323321.jpg
碁盤の目のように区画整理された新しいコンクリートの町は
フランスの道に慣れた夫には車の運転がしづらかったらしく
「なんか、この街、走りにくい...」と、始終つぶやいていました。

さて、ル・アーブルの市街地を出て、工場や倉庫の並ぶ港を見ながら
「ノルマンディー橋」を渡ります。
f0139994_18325091.jpg
この橋、しまなみ街道の「多々羅大橋」と姉妹橋なのだそうです。

橋を渡ったところがオンフルール(Honfleur)。
f0139994_18332385.jpg
(あいにくの空模様なのが残念...)

オンフルールはバス-ノルマンディー地方、セーヌ川河口の町。
旧港のぐるりに並ぶ古い建物の景色がきれいで
たくさんの観光客が訪れるところだそうです。
f0139994_18334429.jpg
教会の入り口に古い地図がありました。
f0139994_1834356.jpg
木造の古い建物が並ぶ町の中。
f0139994_18341874.jpg


さて、オンフルールでの私たちのお目当てはここ↓。
f0139994_18345781.jpg
Sa.Qua.Na. 」 ミシュラン:★

フランスでこんなに美味しいお魚料理が食べられるなんて...(涙)
あと、チーズ(ノルマンディー&ラヨールのセレクト)の状態が
めっちゃよかったのも印象的。
2人とも大満足の素敵なお食事でした。

妻が好きな系統ということで夫のセレクト。
f0139994_1835306.jpg
とっても美味しかったです!これは覚えておかなくちゃ。

と、いうことで、初日はここまで。
2日目は以前から行きたかった町へ向かうのです。

つづきます...。
[PR]



by NCshimo555 | 2009-10-13 18:38 | 旅行・おでかけ

ノルマンディー地方の旅(1) エトルタ(Étretat)

9月1日~3日、2泊3日の日程でノルマンディー地方へ行ってきました。
直前に宿だけ予約して、行き当たりばったりで気になる所を巡る旅。
今回もなかなか"美味しい"ことがいっぱいの旅行になりました。

初日、まず目指したのは『エトルタ(Étretat)』です。
f0139994_1149490.jpg
エトルタはオート-ノルマンディー地方の海辺の街。
イギリスと大西洋を隔てて向かい合う位置にあって
断崖が続く海岸で有名なところです。

でっぷり太ったふてぶてしいカモメがおでむかえ。
f0139994_11492748.jpg
(「かもめ食堂」のフィンランドのカモメはもっとでっぷり丸くて大きかったかと...)

北の海の風は冷たくて、海辺で遊ぶという感じではありませんでしたが
淡く優しい色の海をぼーっと見ながら
海岸の石が波に洗われるゴロゴロという音を聞くのもいいものですね。

まずは海に向かって左手の崖の上に登りました。
f0139994_11502940.jpg


風が強くて、思ったよりも怖いかも...。
f0139994_11501352.jpg


海岸から見えていた崖の、さらに奥まで行くことができます。
f0139994_11532642.jpg

崖から駐車場へ戻る途中に糖分補給。
この地方の名産、シードル(リンゴの醸造酒)とカルヴァドス(リンゴの蒸留酒)
味のアイスクリームを食べました。
f0139994_1150448.jpg
実は、「カマンベール味」というのもあって、最初にそれを注文したのですが
お店のおじちゃんは「味がきついから...」と、ひとくち味見させてくれて
「ね、他のにしたほうがいいよ」と、すすめられて選び直したのが↑でした、。

リンゴのお酒のアイスがダブル...美味しかったですよ!

その後、反対側(海に向かって右手)の崖の上へは車で上がりました。
とても天気が変わりやすく、晴れ間が少なくなって小雨も降りだしたので
車の中でシートを倒してごろんと横になり、海風にあたりながらひと休みしました。
(こういうとき、車は便利ですね。)

この後は...ル・アーブル(Le Havre)を経由して、
この日の最終目的地オンフルール(Honfleur)へ向かいました。

つづきます。
[PR]



by NCshimo555 | 2009-10-13 11:59 | 旅行・おでかけ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

はらぺこ夫婦の部屋?

◆Parisから南へ約50Kmの町での日々を綴った日記です。(詳しくは“プロフィール”をご覧ください。)

◆お気軽にコメントお寄せください。(コメントは承認制です。書き込みからUPまでに時間がかかることがありますのでご了承ください。なお、管理人の判断で内容の如何に関わらず削除することがあります。)
Weather Underground PWS IESSONNE4



◆フランスの情報
tricolor paris
french code
HAYAKOO
Aaaaatchoum
Table à découvert
Simon~Says !
Chocolate&Zucchini
C'est moi qui l'ai fait!

+ + お気に入りサイト + +

ブザンソン便り
くろねこのいちご
えくぼ王子とまんまる王子
来佐手帖
喫茶ジジ
Chez Bonnet

今何時?

ファン

ブログジャンル

画像一覧